得ステーション

運転免許の種類や更新、高齢者講習や住所変更、再発行を紹介

運転免許の種類一覧について

運転免許の種類としては大まかに分けて正式名称で、第一種運転免許、第二種運転免許、仮運転免許があります。
履歴書などで記載する際、中型の免許については第一種運転免許、第二種運転免許とがあり、商業で使用し、なおかつ本人に成り代わり運転をする代行運転などのお仕事をする場合であれば第二種運転免許を取得する必要があります。

カリ運転免許についてはまだ、運転する技能をきちんと修得していないため履歴書などには記載しないことが多いです。
これら免許の種類については一覧表があり、JAFなどの公式サイトに置いて運転免許にはどんな種類と区分があるかという質問について質問に対する答えとして一覧表が作成されています。
JAFのサイトの場合は取得した免許に応じて乗れる車の記載なども詳しく記載されています。


運転免許の更新について

運転免許の更新は運転免許更新センター、運転免許試験場、もしくは警察署で行います。
更新する際の期間については初回は3年更新、以後、事故などの違反がなければ5年後との更新期間になります。
更新には時間を有し、新しい免許切り替え時などには写真撮影をして新しい免許に新しい写真を使用しますので、写真撮影があります。

直、免許更新時にには安全講習があり、交通安全講習があります。
こちらの講習時間については初回講習に置いては2時間、違反者講習は2時間、普通、1時間有料講習30分となっています。
それぞれ違反や初回免許取得時の初回更新など免許を更新する人の事情により安全講習にかかる時間が変化しますので必ずしも皆同じ講習時間ではないということになります。

Sponsored link

運転免許更新の高齢者講習について

運転免許更新時に置いての高齢者講習は主にDVDなどで交通ルールや基礎知識を再度確認してもらい、講義をします。
また器材を使用し夜間動体視力、夜間視力及び視野を測定なども行います。
これらは70歳以上の高齢者を対象にした講習内容で、必要に応じてドライブレコーダーを使用し高齢者のドライバーの方が運転を継続することが可能であるかの助言をします。
この時、認知症であるかどうかの判断を検査することはありません。

検査が必要とされる高齢者は75歳を越えた高齢者以降に適応され、免許を停止もしくは返納をします。
返納については自主返納になりますが、75歳以降ですと認知症であると判断された場合については、免許を停止させる措置も取ります。

Sponsored link

運転免許の住所変更について

運転免許の住所変更は新しい住所の警察署で行います。
必要な書類は•運転免許証記載事項変更届、運転免許証、住民票や新しい住所を確認することができる書類、申請用写真1枚(他の都道府県からの住所変更の時に必要となる場合あり)、印鑑です。
これらを用意し速やかに警察署に息免許の住所変更届を出します。
申請しない場合は免許更新のハガキが以前の住所に行きますので必要書類をそろえて速やかに住所変更届を出す必要性があります。

直、届出に関しての住所変更届を提出する際の期限などはありませんが、更新のはがきなどは前の住所に送られてしまうため、免許更新はがきが届かず、免許の更新を忘れてしまい、免許が停止することもありますのでできるだけ早く、住所変更届を出した方が良いでしょう。


運転免許を紛失した場合の再発行について

運転免許を紛失した場合の再発行ですが運転免許更新センター、運転免許試験場、警察署の運転免許課などに届け出ることで再発行をして貰えます。
直、土日や休日、祭日は業務が停止していますので免許を再発行することは不可能ですので注意が必要です。
免許を再発行する際に辺り、必要な書類は•運転免許証再交付申請書、運転免許証紛失顛末書(てん末書)、申請用写真1枚、印鑑、身分証明書、再発行手数料です。

その際壊れた免許を持っている場合その免許を提示することも可能です。
再発行については本人以外再発行の申請を出すことが出来ず、家族などでは再発行の申請を出すことは出来ない決まりになっていますので必ず紛失した本人が申請を出すようにしましょう。