得ステーション

損保ジャパン日本興亜のマイページや登録サイト、美術館の紹介

損保ジャパン日本興亜について

損保ジャパン日本興亜とは、もともと損害保険ジャパンと日本興亜損保という会社が合併してできた会社です。
二つとも、損害保険会社であり、日本では最大の損害保険会社となっています。
保険商品として取り扱いがおおく、社員数も多いので、対応力については、他のサービスと比べてムラがあるようですが、安定した会社でああり安心感があると評判です。
自動車保険の場合は、事故対応などの対応力に定評があり、多くの方から支持されているようです。

他にも、火災、地震のための保険、旅行やレジャーに対しての保険、もちろん怪我、病気に対する保険、そして最近話題の積み立て式の保険についてなどなど幅広い保険があります。
法人向けの保険もあり幅広い保険会社です。


損保ジャパン日本興亜のマイページについて

損保ジャパン日本興亜では、契約者が使いやすいようにマイページをサイトで利用できるシステムを用意しています。
マイページを利用することで様々な事ができるようになります。
たとえば、契約内容についての紹介です。自分が契約している保険の内容がどの様なものなのかチェックすることができます。
また、契約内容について変更を行うのも、マイページで行うことができます。

さらに、自動車保険の場合、事故対応の連絡、そして、過去どのような対応を行ったのかについての紹介を行うことができます。
レンタカー専用の自動車保険も有り、時間単位での「乗るピタ」という保険に簡単に申し込みを行うことが可能です。
海外旅行での保険もマイページで申請することができます。

Sponsored link

損保ジャパン日本興亜の登録サイトについて

損保ジャパン日本興亜のマイページに登録する為には、登録サイトにいって自分の情報を登録する必要があります。
登録方法もネット経由で登録することが可能です。
損保ジャパン日本興亜のマイページに飛ぶと、新規登録するところをクリックあるいはタップすると登録サイトへ飛びます。
そこで、まず会員規定を確認します。その内容に問題が無ければ同意を押します。
その後、お客様の情報を入力します。

その際に注意すべきポイントについて、契約している証券番号とパスワードが必要です。
この情報がないと登録することが出来ないので注意が必要です。
つづいて、住所や電話番号などを登録します。メールアドレスも入力して、そのメルアドに登録メールがとどき、そこからログインすれば登録完了です。

Sponsored link

損保ジャパン日本興亜美術館について

損保ジャパン日本興亜美術館について、1976年から、開館をして実に四半世紀にわたり美術品、技術品を展示しています。
損保ジャパン日本興亜としては、全身の会社である、安田火災が美術館を開場したいという想いのもと、東郷青児の協力のもと、開館することができました。
当時から数十年がたち、様々な作品がふえて魅力が増しました。作品としては、ルノワール、ピカソ、ゴッホなどの作品が増えて展示会の種類によって価値のある作品を見ることができます。
場所は、東京の新宿にあり、開催時間は朝10時から午後6時まで。

入場料・観覧料については、展示会の内容によりますが数千円かかるケースもあるようです。
駐車場も有り、30分で300円になっています。
立地がよいので是非利用してみてください。


損保ジャパン日本興亜について

損保ジャパン日本興亜について様々な情報をまとめ紹介してきましたが、損保ジャパン日本興亜のなかのひまわり生命についてご存知でしょうか。
会社としては、損保ジャパン日本興亜ホールディングスの中の会社であり、保険の種類としては、医療保険の「健康のお守り」、認知症の保険である「認知症保険」、そして女性のための入院保険である「フェミニーヌ」という3つの保険が主力です。

医療保険として特化しており、女性の為の保険があるなど、保険の中でも一部の対象に向けて商品をそろえているような会社であります。
公式ページでは、シュミレーションもできるので、もし保険内容に不安を感じる方がおられるのであればぜひ公式ホームページをチェックして下さい。