得ステーション

LINEのメッセージや友達やトーク履歴の削除、復元やアカウント削除の紹介

LINEのメッセージ削除について

LINEのメッセージを相手に間違えて送ってしまった場合などには、メッセージを削除したり取り消しすることができます。
メッセージを取り消しをすると、自分の画面にも相手の画面にも「メッセージの送信を取り消しました」という表示が残ります。
また、メッセージの削除はLINEのトーク画面を開いて取り消したいメッセージを長押しするとできます。

コマンド画面が表示され、送信取消を選択しそのあとでポップアップが表示されもう一度、送信取消をタップするとメッセージの取り消しができ、削除することができます。
しかし相手のLINEの画面でメッセージを取り消しをするには、24時間以内と決まっています。自分の画面から削除したいだけならば24時間以降でもできます。


LINEの削除したトーク履歴の復元について

LINEの削除したトーク履歴は復元できるかというと、トーク履歴のバックアップを取っていた場合にのみ復元することができます。
しかし、バックアップを取っていなかった場合には復元することができないようです。

トーク履歴のバックアップを取っている場合では、バックアップを取っていた時点まで復元することができ、トーク履歴のメッセージを部分的に復元することはできないようです。
iOSの端末では、LINEのトークを復元する際に端末からLINEアプリをアンインストールし、再びLINEアプリをインストールしてログインし、個人情報を入れるとトーク履歴の復元画面が出てきます。
Androidでは、友だち画面から設定アイコンをタップしトーク内のトーク履歴のバックアップ・復元を選び、復元をタップするとトーク履歴の復元ができます。

Sponsored link

LINEの削除した友達の復活について

LINEで削除した友達を復活させるには、ブロックして削除した場合ではLINEのID検索やQRコード、ふるふるを利用すると復活させることができます。
しかし、LINEのIDがあったとしても削除した友達を必ずしも復活できるわけではなく、LINEの設定から行う年齢確認が自分か削除した友達のどちらかがしていない場合には、LINEのID検索はできないようです。

また、相手がLINEの設定で「IDによる検索許可」の設定をオフにしているとID検索からの復活ができないようです。
QRコードを使った復活に関しては、削除してしまった友達のQRコードを読み取る必要があるので、会うことが前提となってきます。
また、ふるふるの機能を使った復活にも、その機能から削除した友達と会うのが前提です。

Sponsored link

相手のLINEトークの削除について

相手のLINEのトークを削除する方法はあります。
それは、トークルーム一覧画面からトークルーム自体を削除する方法です。トークルームを削除することによって、トークルームでやり取りしたトーク履歴がリセットされ自分の画面からは削除されますが、相手の画面に残っているトーク履歴は削除されないようです。

トークルームを削除すると、やり取りしていたメッセージも全部削除され、一度消えたメッセージを復旧することができないので注意も必要です。
また、相手のLINEトークはトーク画面からメッセージを個別に削除する方法もあります。しかし自分の画面でのみ削除され相手の画面には残ってしまいます。
トーク画面のメッセージを削除することで、送受信されたメッセージはトークルームを残し削除されます。


LINEのアカウント削除の方法について

LINEのアカウントを削除するということは、LINEを退会するということなります。
また、勘違いされがちなのは退会とLINEアプリを削除することの違いです。
LINEアプリを削除すると退会できたと考える方は多いようですが、アプリを削除しただけだとスマートフォンからLINEが使えなくなったというだけで、アカウントは残ってしまいます。アカウントを削除する方法は、下部のメニューのその他をタップし、設定画面にいきメニューの中からアカウントをタップして「アカウントの削除」をタップするとアカウントは削除できます。

そしてLINEを退会した場合では、アイコンや名前は削除されて相手の画面には表示されなくなります。
しかしトークルームには「メンバーがいません」と表示され、送ったメッセージやスタンプなどは削除できないです。