得ステーション

LINEのブロックの仕方や削除、復活やブロックされたかの確認の紹介

LINEのブロックについて

LINEのブロック機能とは、特定の友達からのメッセージ等を受け取らないようする機能のことです。
ブロックをした場合、友達の欄から相手が消える、タイムラインで相手の投稿が見れなくなる、電話の発着信ができなくなるなどの機能があります。

このように、ブロックした側は相手のことをLINE上から見えなくすることができます。
しかし、ブロックされた相手側は普通にLINEを使っているとブロックされていることに気づけません。
相手にLINEをするとブロックされた側のアプリ画面はブロックするまでと同じように表示されているため、トークが出来ているように見えたり他の機能でも中々自分がブロックされていることが気づくことはありません。


LINEのブロックの仕方について

LINEのブロックの仕方はとても簡単で、難しい操作はなにもいらず機械が苦手な人でもすぐ出来ます。
まず、相手をブロックする方法には二つあります。
一つ目の方法はブロックしたい相手の一対一のトークルームを開き、右上にあるメニューをタップするとブロックと表示されているところがあるのでそれを押すだけでトークルームの相手のことをブロックすることができます。

次に二つ目の方法としては、友達のタブからブロックしたい相手のタブを検索して、その相手のタブを左にスワイプすることでブロックという表示が出るのでそれをタップするだけです。
どちらの方法も簡単で、誰でもブロックしたい相手のことを簡単にブロックをすることができます。

Sponsored link

LINEでブロックしてからの削除について

さらに、自分のブロックリストから相手を削除することで友だちを解除することができます。
ブロックリストは友だちの画面の左上の設定をタップし、設定の中の友だちをタップすることでブロックリストを表示することができます。
ブロックリストを開くと、ブロックしたい相手の名前の右側に編集という表示が出てきます。

編集をタップすると削除という表示が出てくるのでそれをタップするだけでブロックした相手を削除することができます。
それで削除が完了になります。
削除をするとブロックリストからもブロックをした相手がいなくなり、完全にLINE上から削除することができます。
ブロックをされたか確認する方法がはありますが削除をしたことは絶対に相手にはしられないようになっています。

Sponsored link

LINEでブロック削除してからの復活について

削除してから友だちに復活にする解除方法には四つの方法があります。

一つ目は、ブロックした相手の一対一のトーク画面から友だち追加をする方法です。
二つ目は、自分とブロックした相手がいる共通のグループトークか複数人トークから相手のプロフィールアイコンをタップすることで友だちに追加する方法です。
三つ目は、違う友だちから相手の連絡先を送ってもらうことで追加する方法です。
四つ目は、相手から直接QRコードを見せてもらい友だちに追加する方法。
五つ目は、LINEの機能のふるふるで友だちに追加する方法。
六つ目は、相手の電話番号をラインで検索する方法など、削除した相手に気づかれずに友だちに戻る方法から相手に削除したことがばれる方法まで色々な復活の仕方があります。


LINEでブロックされたかの確認方法について

ブロックされたかの確認方法は多くあります。
一つ目は、LINEのスタンプなどのプレゼントをする方法です。
もしブロックされていた場合はプレゼントが送れないようになっているので手っ取り早い方法です。

二つ目は、ブロックされた時に起こることを確認して見る方法です。
例えば、トークで何か送ってみたけどずっと既読がつかないことや何回電話をしても一度も出てもらいないことなどを確かめてみて相手からの反応がない場合はブロックされているとわかります。
他にも色々な確かめ方があります。

また、Androidの確認方法は違ってきます。
電話をして確認する方法ですが、電話に出なかった場合Android版はブロックされている時とブロックされていない時の電話が繋がらない時の表示が違うので一発でわかります。