得ステーション

icocaの使い方やチャージ、購入や紛失、ポイントの紹介

icocaの使い方について

icocaの基本的な使い方は、最初にicocaのカード自体をJR西日本などの駅の窓口などで購入します。
このカードを購入したら自動改札のIC専用改札またはICに対応している改札での端末にカードをタッチして入場して列車に乗車します。
列車から降車して改札を出る際も入場時と同様に改札のIC端末の読み取り部分にタッチして出場します。
カードには入場と出場の記録が書き込まれるので、入場の記録がない場合は出場できないし、出場の記録がない場合も次回以降の入場はできません。

icocaは相互協定によりJR西日本の対応駅だけでなく、関西ではない東京メトロなどのエリアにも対応しています。
なおicocaには定期券バージョンもありますが、これは記載された区間以外は基本的に使用はできません。
ただしSMARTバージョンの定期券はクレジットカード対応なので、記載区間外も対応エリアならば利用可能です。


icocaのチャージについて

icocaは繰り返し使用できる非接触型カードですが、それの利用金額が少なくなればチャージする必要があります。
チャージは基本的にicocaに対応している入金機または券売機にカードを入れて入金が基本です。
チャージ自体は阪急など関西の多くの他社鉄道駅や東京の駅でも問題なく行えます。
その際は入金金額が決まっていて、紙幣だけでコインは入金に対応していません。
ただしicocaはクレジットカード対応のSMARTバージョンがありまして、それだとクレジットカードで入金も可能です。

しかしicocaはそのカードに対応している一部のコンビニなどの店舗でも支払いやチャージに対応しています。
その場合には店員に申し出る必要があります。
なお払い戻しを希望する場合は、基本的にカードを発行しているJR西日本などの鉄道駅の窓口に申し出る必要があります。
その際はデポジット500円が返金されますが、手数料220円ほど必要です。

Sponsored link

icocaの購入について

icocaの購入方法できる場所はそのカードを発行している鉄道会社の窓口で買うのが基本です。
そのカードを発行している鉄道会社はJR西日本だけでなく近鉄や阪急も行っています。
しかしicocaは窓口だけでなく、一部の駅の一部の券売機でも発行されている場合があります。
しかし券売機で対応しているのは大人用の無記名式のicocaとicoca定期券だけで、記名式の子供用カードと子供用定期券やSMART icocaには対応していません。
子供用のカードは駅の窓口で購入しなければなりません。

またSMART icocaはクレジットカード引き落とし対応なカードですが、これはあらかじめJRおでかけネットのホームページまたはSMART ICOCA入会申込書で郵送申し込む必要があり、窓口や券売機には対応していません。
ちなみにコンビニは支払やチャージだけであり発行発売はしていません。

Sponsored link

icocaの紛失について

icocaカードの紛失をした場合は再発行してもらう必要が出てきます。
しかしそのicocaカードの取り扱いはすべて一律ではありません。
icocaカードは全部で6種類ありますが、大人用の定期券でない普通のicocaは無記名式であるために再発行はしていません。
再発行しているのは残りの5種類ですが、クレジットカード支払い対応のSMART icocaはすぐにSMART ICOCA紛失ダイヤルへ連絡しなければなりません。
そこへ連絡することで使用停止手配を行わなければならないからです。
その後は駅窓口で再発行の手続きを行わないとなりません。

子供用もSMART用もともにデポジット500円と再発行手数料510円の1010円と身分証明書が必要です。
翌日以降に新しいカードが発行され、身分証明書持参確認の上で交換されます。


icocaのポイントについて

icocaポイントサービスを利用するには事前登録する必要があります。
登録は駅の自動券売機でカードを挿入して画面をタッチするとポイント利用登録のボタンが出るので、それをタッチすると登録されます。
なおクレジットカード対応のSMARTバージョンは最初から登録の必要はありません。
ポイントをためるためにはicoca対応のお店で買い物すること、他ではJR西日本のicoca対応区間も列車利用で同一運賃区間を1か月で11回以上利用した場合などに付与されます。

ちなみに定期券購入金額はポイント計算対象にはなりません。
付与されたポイントは翌月6日以降にicocaカードを券売機に挿入し、画面の入金するをタッチ、さらにポイントチャージをタッチさせるとカードにポイントがたまります。
ただしその場合は25か月チャージまたはポイントチャージしてない場合は利用解除されてしまうので、時折券売機画面で確認しなければなりません。