得ステーション

断熱材の種類やスタイロフォーム、グラスウールや発泡ウレタンの紹介

断熱材とは

住宅で使用される断熱材とは、その内部に空気を閉じ込めることで、屋外の気温の影響を和らげる役割があるものです。
今日のdiyブームによりホームセンターなどでも販売されいており、どんなものなのか実物が気になる方は実際に見ることも可能です。
住宅における断熱材は、天井(又は屋根)・壁・床下(又は基礎)に連続的に張り巡らせることにより、その機能を発揮します。

よく勘違いされがちですが、住宅の快適性を決める断熱性は断熱材の種類によって決まるのではありません。
断熱性は各断熱材の熱の伝えやすさを示す”熱伝導率”(材質ごとの熱伝導率の計算により設定)と実際に使われる断熱材の”厚み”で計算されます。
時折、各社の宣伝文句に「◎◎を使っているので高い断熱性能の家」というのを見受けられますが、決して適切な表現ではありません。


断熱材の種類について

断熱材の種類には大きく区分して、ふわふわとした繊維系と硬いプラスチック系のものがあります。
それぞれに特徴があり、現時点ではどれがベストの断熱材であるかは断言できません。
繊維系断熱材は主に充填断熱に使用されます。
全体的な材料価格はプラスチック系と比較して安価です。
主な施工方法は、柱と柱の間にふわふわの断熱材を詰め込んで上からシートを被せる方法と既に袋に詰め込まれた断熱材を柱の間に埋め込む方法があります。

プラスチック系断熱材は主にボード状のものと、現場で吹き付ける発泡系があります。
ボード状のものは主に柱の外から家全体を覆うように施工する外張り断熱に使用され、発泡系のものは繊維系と同様に充填断熱で使用されます。
プラスチック系はともに熱伝導率が低く、性能が高い断熱材として認識されています。
但し、住宅の断熱性能は熱伝導率と材質の厚みによって決まるため、誤認されない様にご注意ください。

Sponsored link

スタイロフォームの断熱材について

スタイロフォームとは、ボード状のプラスチック系断熱材である押出法ポリスチレンフォームの一種です。
日本で使用される押出法ポリスチレンフォームの中でメジャーな製品のひとつです。
スタイロフォームの製品規格には標準サイズとして15mmから100mmが設けられており、それぞれの住宅に必要となる厚みをラインナップに揃えています。

特徴としては、その加工の容易性と熱伝導率の低さが挙げられます。
また吸水性・吸湿性は小さいです。
もともと燃える性質をもちますが、主原料のポリスチレン樹脂に難燃剤を混ぜることにより、着火しにくいものになっています。
外張り断熱においてはスタイロフォームをテープで連続的につなぎ合わせることで気密性がとりやすいメリットもあります。

Sponsored link

グラスウールの断熱材について

グラスウールは繊維系断熱材の一種です。
世界的にも多く使用されており、日本でも歴史が長い断熱材です。
主な施工方法は柱と柱の間に充填させる方法です。
グラスウールのメリットとしては価格が比較的安価だということです。
柱いっぱいに、もしくはそれを超えて付加断熱をして厚みを確保しやすいため、北海道などの高断熱住宅にも使用されています。

グラスウールの種類として、16k・24kなどの数値で示されていますがこれは密度を表しており、数値が高いほど高性能です。
代表的な製品としては「アクリア」などがあります。
同じ充填断熱として吹き付け断熱とよく比較されがちですが、断熱材そのものの性質は変わらず、どちらも誤った施工で内部結露や断熱欠損は発生します。
その点、施工の良し悪しが重要となる断熱材です。


発泡ウレタンの断熱材について

発泡ウレタン断熱材を吹き付ける施工法も近年人気です。
これは現場で発泡されたウレタンを柱や屋根に直接吹き付ける方法です。
吹き付けられたウレタンは泡状から固まるにつれて、何十倍から何百倍にも膨らんでいき、隙間を埋めていきます。
隙間なく埋められることで簡単そうに思われがちですが、正しく施工しないと膨らみすぎて均一の厚みが取りにくいというデメリットもあり、基本的には大工ではなく専門業者が施工します。

また勘違いされがちですが、現場発泡ウレタンでも内部結露や気密を確保するためにはグラスウールと同様に気密シートが必要になります。
発泡ウレタン断熱材の代表な製品としては、「アクアフォーム」や「アイシネン」が挙げられます。